サイクリングのすすめ

・ちょっと遠くへ

 サイクリングは、ウォーキングと並ぶ有酸素運動の
お手軽二大スポーツだと思います。膝への負担が少ない
ので、60〜80歳の方でも、気軽に20〜30km
ぐらいは走れると、サイクリング協会の人は言っています。
 30kmというと、銀座から武蔵野市ぐらいの距離
ですね。皆さんの地元の地図にコンパスで円を描いて
みてください。自転車の巡航速度は一時間10〜15km
なので、のんびり2時間も走れば、30kmなんてすぐ
なんですよ。
 自転車に乗っていい汗かくと、体重は減らないかも
しれないけれど、体脂肪率は確実に減ります。木陰の
涼しさを気持ち良いと感じ、街の匂いや四季の変化にも
敏感になりますよ。つまり、感性が磨かれるわけですね。



・行動飲食

 サイクリングは汗と渇きのスポーツだと言われます。
水分の補給には、スポーツドリンクが良いようです。
マラソン選手も勧めてます。コーラやジュースだと、
糖分の採り過ぎや胃酸過多になったりします。水ばかり
だと、体内の電解質バランスが崩れて、嘔吐やけいれん
を起こしたりします。
 走りながらとか、途中の休憩で食べる行動食の定番は
バナナ。ほかには甘納豆・大福モチ・チョコレート・
ミックスナッツ・クラッカーやチーズ、秋には水分
たっぷりの梨などがお勧めです。高カロリーで吸収の
早いものを、自分の好みでチョイスしてください。

・海チャリ山チャリ

 今年の夏は海ですか、山ですか? 海という人。
海洋療法(タラソテラピー)という健康法があるのを知って
おきましょう。砂浜を歩いたり、砂風呂や海水温泉に
入ったりするのは、肥満解消や呼吸器系の病気に効果的。
潮風には癒し効果もあるそうです。
 山という人。木々の葉や草々から放出されるフィント
チッドという芳香物質は、脳を活性化させ、心身を
リラツクスさせる効果があります。
 ちょっと遠くの海や山に、自転車で出かけてみま
せんか?梅・桜・菜花・藤・紫陽花・向日葵・コスモス・
紅葉・・・四季の花々を愛でる「花チャリ」なんてのも、
風雅でいいと思いますよ。
心身ともに健康になる事、間違いなしです。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=113621&iid=21146


posted by 亀松亭 at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。