ウォーキング+サイクリング

厚生労働省発表の糖尿病患者・約740万人。高血圧症
は約3100万人、高脂血症・約3000万人と、日本
国民のかなりの数の人々が、食事の改善と運動不足の解消
を求められています。
 運動不足になると、血管の太さや弾力性が失われて、
血液の酸素運搬能力が低下するそうです。ゆえに酸素が
赤血球(ヘモグロビン)と結合し、筋肉内の糖質や脂肪を
燃焼させる有酸素運動が効果的なのです。つまり、
ウォーキングやサイクリングの事。
 ウォーキングは下腿三頭筋(ふくらはぎ)と血管の
収縮によって血液の循環を高めるミルキング・アクション
の効果が高い運動です。ふくらはぎは第2の心臓と言われて
いるのです。
 ウォーキングによって血液の循環がよくなり、酸素が
大量に運搬されるようになると、肩こりや腰痛、膝の
痛みの改善効果が期待出来ます。また脳に関してはボケ
の防止や知的作業の能率もアップします。
 サイクリングは膝への負担が少ない分、ミルキング・
アクションの効果はウォーキングほどではありません。
しかし下半身を中心にエネルギーが消費され、心臓と
血管の働きが活発になり、血管壁が柔らかく太くなるので、
動脈硬化や糖尿病、心筋梗塞の予防には最適です。
落ちにくい内臓脂肪も燃焼しまくりますよ!!!


posted by 亀松亭 at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。